マンション売却のデメリット

マンション売却のデメリット マンションを売却する際に、デメリットについても考えておく必要があります。まず、不動産会社に支払う手数料や税金、引越しにかかる費用が発生するので、繰り返していればそれだけ無駄に出費が増えます。売り出し価格が高すぎる、不動産会社の担当者が積極的に動かないなどの理由でいつまでも買い手が現れないこともありますが、長期化すれば値引きをしたり、維持費が発生するので注意が必要です。

マンションの売却で得られた資金を使って新居を購入しようと考えている場合、成約してから引き渡しまでに期間を設けられますが、いつまでも住み続けるわけではありません。そのため、期間に追われて望まない引越しをしなければならない場合もあります。居住中に内覧の要望も入るので、室内を清潔に保っておく必要もあるので手間になります。その逆で先に新居をローンで購入したときに、買い手が付かないと返済が困難になる恐れもあるので資金計画には余裕を持っておいた方が安全です。

ローンの残債があるマンションを売却するには

ローンの残債があるマンションを売却するには マンションを売却しようとする場合、住宅ローンがすでに完済されている時は何の問題もなく売り渡すことが可能ですが、残債がある時は注意が必要です。というのも、ローン契約時に債権者である銀行等が抵当権を設定しているからです。抵当権が設定されている物件は、債権者の同意なしに手放すことができません。
では、同意を得るにはどうしたらいいかというと、これには2つの方法があります。1つは、ローンの残額の額を上回る金額でマンションを売ることです。そうすればその代金をもってローンを完済できることになるため、債権者は抵当権を抹消してくれます。
もう1つは、任意売却という制度を利用することです。これは、代金をローンの残額に充ててもなお残債が残る場合に、それを計画的に返済していくことでマンションを売ることを認めてもらうというものです。ただし認めるかどうかは文字通り「任意」となるので、この方法を利用するには債権者との交渉が必要となります。